お知らせ

HOME > お知らせ > ブログ

ブログの一覧

お気軽に来て下さい。

ブログ2018.02.17(土曜日)

午後から嬉しい来店の方。

ベッドが入るのでベッドの脚に敷く物は何かありますか?と。

小物販売は基本的にはしていませんが、来店して頂けた事だけでも嬉しくて「材料」を差し上げました。

畳屋さんには入りにくいと思いますが来て頂けた。

ホント嬉しいです!

良い出来事でした。

ありがとうございます。

藁だからその後がある

ブログ2018.02.15(木曜日)

久しぶりに沢山畳を積みました。

この畳は新畳で入れ替えして処分する藁の古畳たちです。

藁の畳は色々使い道があります。

今回は地元の梨園へお嫁にいきます。

雑草対策、肥料に使われます。

あれだけの量を買うと相当の金額になるようです。

お互いに有り難い再利用。

これで作業場もスッキリしました。

和室の活用法

ブログ2018.02.13(火曜日)

先日、お見積もりに伺ったお客様宅
10年以上前に当店で裏返しをさせて頂いたのですが、物凄く綺麗なんです。
全然、使っていませんでした。

和室の良さは「色々な用途に変化出来る」事ですが、使わなければ無駄なスペースになってしまう。
リフォームをして和室が減る原因の一つになると思います。

畳屋さんは和室の活用法も提案しないとな思いました。

お勉強

ブログ2018.02.10(土曜日)

今日は埼玉県までお勉強

畳屋さんも今は新しい情報を得たりしないとダメな時代になりました。

ただ、この様なセミナーに参加する最大の良さは同じ様に参加している畳屋さんの熱気を感じることができる事。

良い話しもやる気が無ければ無駄になります。

聞いた事を自店でも活用出来る事や応用出来そうならやってみる。

やってみてからの判断。

口だけの人になりたく無いです。

魅せ方

ブログ2018.02.08(木曜日)

今日、表替えさせて頂いた柏市緑台のお客様の和室にはジュータンの上に洋家具が置いてありました。

そのお部屋の雰囲気がとても良く、合っています。

ご依頼も「この雰囲気に合った物。」でした。

椅子やテーブルのあるお部屋。

畳に座っての生活ではありません。

「カラー畳」か「い草の畳」か選んで頂き、い草の畳に決まりましたので後はどの畳縁にするか?

襖の枠、隣のフローリングの色、家具の雰囲気、全てを考慮して少し濃いめの茶縁をオススメしました。

新しいい草の畳。

ジュータンとは違う本当の和室。

洋家具を置いてもレトロモダンな雰囲気。

歩いて畳を感じる和室。

目で見て畳を感じる和室。

畳に座らなくても畳を感じる和室。

これからはこの様な和室の提案も増えて行くのだろうと思います。

体調

ブログ2018.02.07(水曜日)

年末から身体の調子がイマイチでした。

お正月休みを使って治ったと思ったら、姉家族が風邪を引いたと言うことで母が看病しに行ってお土産のウイルスを持って帰ってきた。。

この時に、会う方が風邪の方が多くまんまと引いてしまった。

仕事があるのに休めない。

先週はきつかったです。

まだ本調子に戻っていないので今週はゆっくりとした仕事にして完全に風邪を治したいと思います。

ほぼ三角

ブログ2018.02.06(火曜日)

今日、敷き込みした現場(柏市北柏)

お部屋の形が四角ではありませんでした。

ほぼ三角型。

ですので、畳の形も歪です。。

手間がかかります。。

それでも、前回の時の隙間補修をしてキッチリ仕上げます。

安達商店さまからのご紹介の(有)アーキテクト工房様

この度はご依頼ありがとうございました。

休日出勤

ブログ2018.02.05(月曜日)

6日(火)まで。

と言われていた現場。

何となく日曜日の昨日、納めてきました。

千葉市美浜区の賃貸マンション。畳とクロスの張り替えも入る話し。

納期ギリギリにして現場がまだ終わって無くてゴチャゴチャしていたら、遠くまで行ってすぐに帰れないのは時間の無駄。

誰もいない現場は、まだクロス工事は終わっていない。

早めに来て正解でした!

全てはスムーズな仕事になる為。

良い日曜出勤になりました!

 

かけがえのない仲間たち

ブログ2018.02.03(土曜日)

昨日は「若手畳屋の集い」の新年会でした。

密かに集まったこのグループも7年目になります。

深い話しが出来るように、各市に一人づつにしています。

少数ですが皆さん凄い方ばかりです。

いつも刺激をもらっています。

 

い草はい草でも

ブログ2018.02.02(金曜日)

先日のお客様

い草農家さんがかなり減っているんですよ。との話しで「昔はい草作っていて、子供の頃手伝っていたよ」

「い草を二つに裂いて干して・・・」

 

ん?

その作業は通常のい草では無くて、琉球畳に使われる「七島藺ーしちとういー」ですね!

奥様の出身地を伺ったら、大分県。

七島藺の産地です。

七島藺の研修はまだ行ったことが無いので大分に行く前に少しお話しを聞けて良かったです。

 

20 / 22« 先頭...10...1819202122

畳のお見積・ご相談はお気軽に
現地調査・お見積無料。畳表・畳縁サンプル持参で伺います!

04-7191-0929

日曜・祝日のお問い合わせも大歓迎です

ご相談・お見積 無料
pagetop