お知らせ

HOME > お知らせ > ジメジメな時はご注意です!

ジメジメな時はご注意です!

2017.08.16(水曜日)

8月に入ってからずっと雨。

今になって梅雨みたいな天候が続いております。
こんな時には「アレ」に注意です。

カビです!

畳屋のブログですので生えてしまうのは「畳」にです。

畳にカビが生えるの?と思う方もいると思いますが、自然素材のい草が材料の畳表には条件が揃ってしまうとカビが生えてしまいます。

・25℃以上
・湿度70%以上
・栄養分(汚れ、皮脂や食べ物のカス、新しい畳の青み「葉緑素」)

上記が揃ってしまうとカビが生えてしまうと言われています。
今の夏の気候はいつカビが生えてもおかしくないです。

ですが、1つでも取り除けばカビは生えません。

除湿機やエアコンのドライ機能で湿度下げる。
※梅雨時期に和室で除湿機無しで洗濯物を干している方、湿気が酷くなるので止めましょう。

こまめなお掃除で衛生的に。
(ホコリが溜まるとホコリに湿気が溜まります)

構造上、空気の通りの悪いお部屋におは扇風機を使い、強制的に空気をかき回す事もカビ防止には効果的です。

「もし、カビが生えてしまった時の対処法」

必要なもの
・掃除機 ・消毒用エタノール ・雑巾 ・マスク

①カビの状態(発見時はベタベタしている場合が多い)を見て天気の良いが好ましいが、そうでない時は除湿機、エアコンを使ってカビを乾燥させる。
②マスクをして窓を開け、掃除機のブラシを使ってカビを掻き出して吸う。ブラシが無い場合は歯ブラシやタワシ等の掻き出せる物を使用。
※カビの胞子の舞を防ぐために掃除機の排気口は外を向ける。
③消毒用エタノールを薄めずにそのままスプレー。
④しばらくしてから乾いた雑巾で拭く。

カビの状態によっては1回では効かない場合があります。
その時は1週間の1回程度、何回か続けて下さい。

カビが生えてしまうのは必要以上に湿度が高い事を知らせている合図です。
上手に付き合い、楽しい畳ライフをお過ごしください。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

畳のお見積・ご相談はお気軽に
現地調査・お見積無料。畳表・畳縁サンプル持参で伺います!

04-7191-0929

日曜・祝日のお問い合わせも大歓迎です

ご相談・お見積 無料
pagetop